ギリシャは必要であれば追加策検討へ、財政赤字問題で-政府報道官

ギリシャ政府は、3年間の財政赤字 削減計画の実施に引き続き注力するとともに、審査を受けて必要と考え れば、追加策を検討する方針だ。政府報道官が明らかにした。

ギリシャ政府のヨルゴス・ペタロティス報道官は26日のインタビ ューで、「われわれは欧州連合(EU)の財政安定成長協定を実行する 必要があると表明している」とし、「状況の審査後に追加策が必要だと 判断すれば、追加策を検討することはあり得る」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE