米BOA、モンタグ氏に約26.6億円の報酬付与-CEO上回る

米銀バンク・オブ・アメリカ(B OA)はグローバルバンキング・市場部門のトーマス・モンタグ社長に 対し、2009年分について約2990万ドル(約26億6000万円)の報酬パ ッケージを付与した。2008年にメリルリンチに採用された際の約束も履 行される形となった。

26日付の当局への届出書によると、トレーディングや投資銀行業務 を手掛ける同部門のモンタグ社長の報酬は、ブライアン・モイニハン最 高経営責任者(CEO)に付与された651万ドルを上回る。また、最高 財務責任者(CFO)を務めた後、コンシューマー・バンキング部門の 社長に就任したジョー・プライス氏の報酬(612万ドル)よりも多い。

モンタグ氏の引き留めは昨年、BOAにとって優先課題だった。B OAは新しい経営陣の導入に加え、報酬規制から逃れるための450億ド ルの公的資金返済を目指していた。同行は2008年9月にメリル買収で 合意している。

モンタグ氏の報酬には2930万ドル相当の株式と給与58万6539ド ルが含まれる。届出書によると、メリルは「BOAによる買収のかなり 前の」08年5月に同氏を採用したが、その際に付与した制限付き株式 2000万ドル相当が今回の報酬に含まれた。09年後半には36カ月の分割 払いを通じた930万ドル相当の株式を付与されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE