【主要朝刊】商社株圧縮、京セラ米太陽電池工場、外国人選挙権先送り

朝刊各紙の主なニュースは以下の通 りです。

【各紙】 ▽浅田真央が「銀」メダル、五輪女子フィギュア-韓国キムが「金」

【日経】 ▽原発受注へ官民新会社―東電など参加、ベトナム2期狙う ▽丸紅、三井不レジ:上海郊外に住宅・商業施設-230億円投資 ▽日賃貸、プロリート:7月合併―中堅REITの信用力向上へ ▽商社、保有上場株を圧縮、三井物は70-80億円、IFRS導入備え ▽ブリヂストン:ゴルフボール特許訴訟で勝訴、米大手に賠償命令

【産経】 ▽京セラ:米に太陽電池パネル組み立て拠点を新設へ ▽政府、排出量取引「来年中に」-温暖化基本法案に導入時期明記へ ▽新日鉄、JFEスチ-ル:半製品を相互供給―海外製に対抗

【朝日】 ▽投資家46人、金融取と独銀を提訴-FX異常値で2.2億円賠償求め ▽日産自:渋滞回避サービスを新興国へ拡大-ブランド力向上狙う ▽産業9団体、温暖化対策法案「検証不十分」-批判の提言発表

【東京】 ▽政府、排出量取引の法制化期限を明示せず-成案は一年以内 ▽行政刷新相:公益法人7基準で仕分け先選定―天下りや公費比率など ▽神奈川県など:カジノ研究会設立で日本導入検討-新たな経済振興策

【毎日】 ▽外国人選挙権先送りへ-国民新に配慮し今国会への法案提出見送り ▽普天間問題、社民党案は国外を最優先、暫定移設先に無人島

【読売】 ▽新日鉄、JFE:鋼材半製品を相互供給へ-鋼材需要変動に対応

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE