2月26日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロと円に対して下 落。ドイツの議員がギリシャ支援は国有銀行を通じて実施される可 能性があると指摘したほか、1月の米中古住宅販売が予想に反して 減少したことが背景。

ユーロはドルに対して上昇。ドイツが独復興金融公庫(KfW) を通じてのギリシャ債購入を検討していると、複数の独当局者が述 べたことがきっかけ。ドルは主要16通貨のうち英ポンドを除くす べての通貨に対して下落。1月の米中古住宅販売件数は前月比

7.2%減少と、過去2番目に大きい減少率を記録した。

みずほコーポレート銀行の通貨セールス担当責任者、ファビア ン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「欧州がギリシャに何ら かの資金支援を提供するという初めての具体的なニュースだった」 と指摘。「これまでも協議はあったが、約束はなかった。為替市場 ではユーロが売られ過ぎていた。こうしたニュースが聞かれると、 人々は反応する」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロはドルに対して0.6% 高の1ユーロ=1.3631ドル(前日は同1.3548ドル)。ユーロは 円に対して0.5%高の1ユーロ=121円26銭(前日は同120 円 69銭)。ドルは対円で0.1%安の1ドル=88円97銭(前日は同 89円7銭)。

ユーロは月間ベースでは対ドルで1.7%、円に対しては3.2% 値下がりした。

ドイツの議員4人によれば、KfWは欧州連合(EU)の計画 の一環として、必要が生じればギリシャに最大250億ユーロ(約 3兆円)支援する手段を検討している。情報が非公開との理由から 同議員は匿名で明らかにした。

議員はさらに、KfWによる独政府保証付きのギリシャ債購入 は緊急策であり、ほかのユーロ圏諸国に対する投機を促すリスクが あると指摘した。ただ、決定にはまだ至っていないと続けた。

信頼性の高いプロセス

HSBCホールディングスの通貨ストラテジスト、ロバート・ リンチ氏(ニューヨーク在勤)は「ドイツがこの取り組みを主導し ているのであれば、それは市場の観点からすると、ほかの経済的に 小規模な国が主導するよりもずっと信頼性の高いプロセスだ」と指 摘。「ギリシャ支援に向けたEUの取り組みがあるならば、ドイツ が主導する必要があり、そうでなければ取り組み自体が実施されな いとの見方がある」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ギリシャは今年 530億ユーロを調達する必要があり、5月末までに200億ユーロ 以上の債務償還に直面する。

ギリシャのパパンドレウ首相は21日、同国が3月中旬までに 必要な現金は確保しているとの認識を示した。同首相は英BBC放 送に対し語った。

ドルは円に対して上昇する場面もあった。米商務省が発表した 2009年第4四半期(10-12月)の米実質国内総生産(GDP、 季節調整済み、年率)改定値が前期比年率5.9%増加と、速報値 (5.7%増)から上方修正されたことが背景。

フィッシャー・フランシス・ツリーズ・アンド・ワッツ(ニュ ーヨーク)の資産運用担当者、デービッド・ティーン氏は「最近の 経済指標は強弱混合で、景気回復持続の可能性を不透明にしている」 と述べた。

◎米国株式市場

米株式相場は小幅高。シカゴ購買部協会が午前に発表した景況 指数で製造業活動の拡大が示されたほか、第4四半期(10-12月) の米実質国内総生産(GDP)の改定値が予想を上回ったことが支 援材料となった。

一方、この日発表された保険会社アメリカン・インターナショ ナル・グループ(AIG)の四半期決算は赤字、1月の米中古住宅 販売は予想を下回り、上値を抑えた。

米銀JPモルガン・チェースを中心に銀行株は上昇。S&P 500 種株価指数の金融株価指数は産業別10指数の中で値上がり率 最大だった。英バークレイズによる買い推奨が好感された。

製薬のメルクや保険のユナイテッドヘルス・グループはともに 上昇。ヘルスケア関連株が買いを集めた。半面、AIGは10%の 大幅安を記録した。同社の第4四半期決算は、88億7000万ドル の赤字だった。

S&P500種株価指数は前日比0.1%高の1104.49。週間ベ ースでは0.4%高、月間ベースでは2.9%上げた。ダウ工業株30 種 平均は4.23 ドル(0.1%未満)上げて10325.26ドル。

フェデレーテッド・クローバー・インベストメント・アドバイ ザーズの運用担当者、マシュー・コーフラー氏は「非常に不安定な 回復だ」と述べ、「個人消費で何らかの持続的な伸びがみられるの はまだ先だ」と続けた。

GDP

2月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(確定値) は73.6と、速報値の73.7から下方修正された。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は73.9だった。

米商務省が発表した実質GDP(季節調整済み、年率)改定値 は前期比年率5.9%増加と、速報値(5.7%増)から上方修正され た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央 値は速報値と変わらずだった。在庫のGDP寄与度や設備投資の上 方修正を反映した。

シカゴ購買部協会が発表した2月の景況指数(季節調整済み) は62.6と、前月の61.5から上昇し、2005年以来の高水準だっ た。同指数は50が生産の拡大と縮小の分岐点を示す。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した1月の中古住宅販売 件数(季節調整済み、年換算)は前月比7.2%減の505万戸。予 想に反し2カ月連続で減少した。

ファースト・シティズンズ・バンクシェアーズ(ノースカロラ イナ州ローリー)のエリック・ティール氏は、「ある時点では消費 者の信頼を回復させなければならず、問題の中心となっている雇用 や不動産も根本的な改善が必要だ」と述べ、「市場の心理と市場の ファンダメンタルズには隔たりがある」と続けた。

JPモルガン、メルクなど

JPモルガンは3.3%高。バークレイズはJPモルガン株につ いて他行と比べて「買いの好機」だと指摘した。

メルクとユナイテッドヘルスはそれぞれ0.9%と1.2%値上 がりした。オバマ政権は米医療保険制度の改革を強く求めている。

AIGは10%安。AIGの純損失は88億7000万ドル(1株 当たり65.51ドル)だった。公的資金返済と商業向け保険準備金 の積み増しに関連した費用が響いた。前年同期は米企業史上最悪と なる617 億ドル(株式統合調整後で1株当たり458.99ドル)の 赤字を計上していた。

◎米国債市場

米国債相場は上昇。長期債を中心に値上がりした。中古住宅販 売などの経済指標が市場予想を下回ったことや、ギリシャ格下げ懸 念で米国債に対する安全需要が高まった。

10年債と30年債の利回りは2週間ぶり低水準を付けた。この 日発表された1月の米中古住宅販売は市場の予想外に減少。また第 4四半期(10-12月)の米実質国内総生産(GDP)改定値では、 個人消費が速報値から下方修正された。市場予想は横ばいだった。

野村ホールディングの金利戦略責任者、ジョージ・ゴンキャル ベス 氏は「今週債券市場ではパーフェクトストームが起きた」と し、「脆弱(ぜいじゃく)な経済指標や、国家財政懸念、不安定な ポジションがパーフェクトストームを呼び込み、利回りの低下につ ながった。市場では不透明感が強く、米国債を売る理由は特に見当 たらない」と指摘した。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後4時9分現在、10年債利回りは2ベーシスポイント(b p、1bp=0.01ポイント)低下の3.62%。一時3.58%と、9 日以来の低水準を付けた。同年債(表面利率3.625%、2020年2 月償還)価格は1/8上げて、100 2/32。利回りは週間では16b p低下した。

30年債利回りはこの日2bp低下し4.56%。一時4.52%と 9日以来の低水準となった。週間では15bp低下した。

2年債と10年債の利回り格差は4日連続で縮小し、2.80ポ イントとなった。

中古住宅販売

全米不動産業者協会(NAR)が26日に発表した1月の中古 住宅販売件数(季節調整済み、年換算、以下同じ)は前月比7.2% 減の505万戸。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト調査の中央値では、550万戸への増加が見込まれていた。

ジャニー・モンゴメリー・スコットの主任債券ストラテジスト 兼エコノミストのガイ・リーバス氏は「ひどい数字だ」と指摘。「過 去の経験とは比較にならないような状況に直面している。回復まで には何年もかかるだろう」と述べた。

個人消費

米商務省が発表した2009年第4四半期(10-12 月)の米実 質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)改定値では、個人消 費が1.7%増加(速報値は2%増)に下方修正された。

シカゴ購買部協会が26日に発表した2月の景況指数(季節調 整済み)は、05年以来の高水準だった。

バークレイズ・キャピタルのシニアエコノミスト、ミシェル・ マイヤー氏(ニューヨーク在勤)は「健全な回復にはなるが、過去 のリセッション(景気後退)脱却時のような急速な回復ほど力強く はないだろう」と予想。「製造業の回復は依然、加速しつつある状 況だ」と述べた。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続伸。月間ベースでは09年11月 以降で初めてプラスとなった。ギリシャの債務問題を背景に、通貨 に代わる投資先として、金への需要が増すとの観測が強まった。

米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは25日、ギリシ ャが財政赤字削減計画の目標を達成できなければ、同国は数カ月以 内に格下げの恐れがあるとの見解を明らかにした。ドルの対ユーロ 相場は一時1%安。25日には9カ月ぶり高値に接近していた。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、 マット・ジーマン氏は、「投資家は金を買い持ちにする方向で考え るべきだ。法定不換紙幣に対する信頼は引き続き低下している。ギ リシャが救済されたとしても、また同じような状況の国が出てくる だろう。為替市場の不安定さから身を守ろうと、投資家が金に集ま っている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場4月限は前日比10.40ドル(0.9%)高の1オンス=

1118.90ドルで取引を終了。月間ベースでは3.2%上昇した。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油相場は反発。2009年第4四半期(10-12 月)の米実質国内総生産(GDP)改定値が前期比年率5.9%増加 と、速報値(5.7%増)から上方修正されたことで、燃料需要が増 すとの見方につながった。原油は一時2.4%高。

エネルギー関連のコンサルタント会社キャメロン・ハノーバー (コネティカット州)のピーター・ビューテル社長は「GDPが強 い内容となったことで、原油相場に上昇圧力がかかっている」と指 摘。「投資家は今後、米経済の方向性を示唆するあらゆるニュース に注目していくだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前 日比1.49ドル(1.91%)高の1バレル=79.66ドルで終了。週 間ベースでは0.6%安。月間ベースでは9.2%高と、上昇率は昨年 5月以降で最大となった。

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇。金属価格の上昇を受けて鉱業株が上げた ほか、仏建設資材会社サンゴバンの決算が市場予想を上回ったこと が好感された。

BHPビリトンとリオ・ティントは、ロンドン市場の銅相場上 昇を手掛かりに値上がり。サンゴバンは4月以来の大幅高となった。 同社は一段のコスト削減策も発表した。一方で、ロイズ・バンキン グ・グループは下落。2009年通期決算で、税引き前損益が赤字と なったことが嫌気された。

ダウ欧州600指数は前日比1%高の245.80で終了。今月は

0.5%安となった。

ベアリング・アセット・マネジメントのディレクター、ジェー ムズ・バックリー氏は「われわれは市場の買い手であり、リスクの 買い手だ」と指摘。「状況は一段とポジティブになっており、決算 が相場を押し上げるとみている。道のりが平坦でないことは常に承 知していた。いま実際そうした状況になっている」と述べた。

BHPは2.4%高の2007ペンス。リオ・ティントは3.5%上 げて3364ペンス。ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ 月物)は一時、2.9%高の1トン=7200ドルを付けた。

サンゴバンは7.9%上昇の34.52ユーロ。ロイズは4.4%下 げて52.5ペンス。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債が週間ベースで上昇した。欧州連合 (EU)最大の財政赤字の削減に苦戦するギリシャの信用格付けが 引き下げられることへの懸念を背景に、安全とみなされる独国債に 対する需要が高まった。

独2年債利回りはこの日、過去最低を更新した。同日発表され た1月のユーロ圏消費者物価指数が前月比で低下したことがきっ かけ。この日はギリシャ国債も上昇し、週間ベースでの下げ分を若 干取り戻した。ギリシャ2年債利回りは今週、8日以来の高水準を 付ける場面もあった。米格付け会社のスタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)とムーディーズ・インベスターズ・サービスは今週、 ギリシャを格下げする可能性があると指摘した。

BNPパリバのシニア債券ストラテジスト、パトリック・ジャ ック氏(パリ在勤)は、「大きな部分では、とりわけユーロ圏のソ ブリンリスクを発端とするリスク回避が相場を左右した主たる原 動力だった」と述べ、「ギリシャへの圧力が再び高まった」と指摘 した。

ロンドン時間午後4時現在、独10年債利回りは3.1%。19日 の水準からは18bp低下した。月間ベースでは9bpの低下。同 国債(表面利率3.25%、2020年1月償還)価格は前日比0.06ポ イント上げ101.22。独2年債利回りは0.95%。この日は一時、 少なくとも1990年以降で最低となる0.93%を付けた。

ギリシャ2年債利回りは27bp上昇した後、前日を22bp下 回る水準となった。前週末比では59bpの上昇。ギリシャ10年債 と独10年債のスプレッド(利回り格差)は339bpと、前週末の 318 bpから拡大。1月28日時点は396bpだった。

◎英国債市場

英国債市場では、10年債利回りが4.03%と、前日からほぼ変 わらずとなった。月間ベースでは2bpの上昇。同国債は前日まで 4日続伸していた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチがまとめた国 債指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率)はプラ ス0.3%となった。これに対し、ドイツ国債はプラス2.4%、米国 債はプラス1.7%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE