欧州株(26日):上昇、銅相場高でBHPやリオ・ティントに買い

欧州株式相場は上昇。金属価格 の上昇を受けて鉱業株が上げたほか、仏建設資材会社サンゴバンの 決算が市場予想を上回ったことが好感された。

BHPビリトンとリオ・ティントは、ロンドン市場の銅相場上 昇を手掛かりに値上がり。サンゴバンは4月以来の大幅高となった。 同社は一段のコスト削減策も発表した。一方で、ロイズ・バンキン グ・グループは下落。2009年通期決算で、税引き前損益が赤字と なったことが嫌気された。

ダウ欧州600指数は前日比1%高の245.80で終了。今月は

0.5%安となった。

ベアリング・アセット・マネジメントのディレクター、ジェー ムズ・バックリー氏は「われわれは市場の買い手であり、リスクの 買い手だ」と指摘。「状況は一段とポジティブになっており、決算 が相場を押し上げるとみている。道のりが平坦でないことは常に承 知していた。いま実際そうした状況になっている」と述べた。

BHPは2.4%高の2007ペンス。リオ・ティントは3.5%上 げて3364ペンス。ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ 月物)は一時、2.9%高の1トン=7200ドルを付けた。

サンゴバンは7.9%上昇の34.52ユーロ。ロイズは4.4%下 げて52.5ペンス。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE