ダドリーNY連銀総裁:金融市場はFRB政策に影響を与える

ニューヨーク連銀のダドリー総裁 は、米国経済において金融市場が米連邦準備制度理事会(FRB) 政策の効果に影響を及ぼす度合いが高まっていると述べた。

ダドリー総裁は26日、ニューヨークで経済会議に出席し、フェデ ラルファンド(FF)金利誘導目標の変化が短期金利や長期金利、 クレジットスプレッド、株価さらにドル相場に影響を及ぼしている と述べた。ただ、これらの資産が外部要因から影響を受けている場合、 金融政策の決定が一段と困難になるとの見解を示した。

ダドリー総裁は「FF金利と広範にわたる金融指標との関連性が 安定していない、もしくははっきりと見通しの立てられないもので あれば、それはFF金利の変化を理解したところで経済活動の予想 を立てる際の手段としては十分ではないということだ」と述べた。

さらに同総裁は「金融政策が実体経済に及ぼす影響をみる上でF F金利は十分な指標ではない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE