米AIGの10-12月:純損失88.7億ドル、公的資金返済響く

米政府の救済を受けた保険会社ア メリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の2009年10- 12月(第4四半期)決算は、純損益が赤字となった。公的資金返済と 商業向け保険準備金の積み増しに関連した費用が響いた。

26日の規制当局への届け出によると、純損失は88億7000万ド ル(1株当たり65.51ドル)だった。前年同期は米企業史上最悪とな る617億ドル(株式統合調整後で1株当たり458.99ドル)の赤字を 計上していた。

一部の投資収益を除いた調整後の1株当たり損失は53.23ドル。 ブルームバーグがまとめたアナリスト3人の予想平均では1株当たり

3.94ドルの赤字が見込まれていた。

AIGは10-12月期に、米連邦準備制度理事会(FRB)から の融資の返済などで67億ドルを税引き後費用として計上した。準備 金積み上げのコストは18億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE