独バイエルの10-12月:純利益44%増、医薬品部門も寄与

ドイツの製薬大手バイエルが発表 した2009年10-12月(第4四半期)決算は、44%増益となった。プ ラスチック需要が回復し、医薬品部門の売上高も伸びたことが寄与し た。ただ、基礎利益の減少率を年間5%以内に抑えるとの目標は達成 できなかった。

26日の発表資料によると、純利益は1億5300万ユーロ(約185 億円、1株当たり利益は0.90ユーロ)と、前年同期の1億600万ユ ーロ(同0.71ユーロ)から増加。売上高は前年同期比0.6%減の78 億7000万ユーロだった。

同社は、09年の利払い・税引き・減価償却・償却控除・特別項目 前利益の減少率を5%に抑えることを目指していたが、この目標は達 成できなかった。プラスチックや自動車業界向けの発泡体を供給する マテリアルサイエンス部門は今年、基礎収益を09年の水準から伸ば したい考え。

コメルツ銀行のアナリスト、ダニエル・ウェンドルフ氏(フラン クフルト在勤)は決算発表前に投資家向けリポートで、「マテリアル サイエンスが重点分野になる」と指摘。今年は同部門の成長率が医薬 品部門を上回るだろうと述べた。

-- Editors: Angela Cullen, Carey Sargent

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Naomi Kresge in Zurich at +41-44-224-4100 or nkresge@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Phil Serafino at +33-1-5530-6277 or pserafino@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE