豪ドル:対円で上昇-1月新規融資拡大で来週の豪利上げ観測強まる

豪州の金融機関の新規融資が1月 に増加したことで同国中央銀行が来週利上げを実施する公算が一段と 大きくなる中、オーストラリア・ドルは対円で上昇した。

今週発表された1月の新規融資が前月から伸びたことや、2009年 10-12月(第4四半期)の企業投資の回復を受け、豪ドルは対米ドル で、昨年11月以来の月間ベースでの上昇となる勢いだ。一方、ニュー ジーランド(NZ)ドルは、政府発表の1月の住宅建設許可件数が2 カ月連続で減少したことに反応し、2カ月連続の下げに向かっている。

バークレイズ銀行チーフFXストラテジストの山本雅文氏は、豪 州で発表された統計は、来週の利上げを正当化していると指摘。豪ド ルは米ドルと円に対して上昇するだろうと予想した。

豪ドルはシドニー時間26日午後3時21分(日本時間同1時21 分)現在、1豪ドル=79円51銭と、ニューヨーク時間前日の79円13 銭から上昇。対米ドルでも、1豪ドル=0.8902米ドルと、前日の0.8883 米ドルから上げた。1月29日は0.8838米ドルだった。

NZドルは対円で、1NZドル=62円01銭と、前日の61円63 銭から上昇。対米ドルでも1NZドル=0.6943米ドルと、前日の

0.6918米ドルと、1月29日の0.7010米ドルを上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE