1月の小売販売額は前年比で1年5カ月ぶり増加-経産省(訂正)

1月の国内小売業販売額は、予想 に反して前年同月比で1年5カ月ぶりにプラスとなった。厳しい雇 用・所得環境が続いているものの、政策効果などから低迷を脱した。

経済産業省が26日発表した1月の商業販売統計によると、小売業 販売額は前年同月比2.6%増となった。前月比(季節調整済み)では

2.9%増。ブルームバーグ・ニュースの事前調査では、民間エコノミス トの前年同月比の予想中央値は0.2%減だった。

第一生命経済研究所の中本泰輔エコノミストは発表前のリポート で、個人消費を取り巻く状況は厳しいとしながらも、「経済対策効果に よって乗用車販売台数は依然底堅く推移している」との見方を示した。

一方、百貨店など大型小売店販売額(既存店ベース)は前年同月 比5.6%減だった。エコノミストの予想中央値は同4.6%減。

--取材協力:Min Bui, Sachiko Ishikawa Editor: Masaru Aoki, Norihiko Kosaka,Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 伊藤亜輝 Aki Ito +81-3-3201-3423 aito16@bloomberg.net 東京 小坂紀彦 Norihiko Kosaka +81-3-3201-8670 nkosaka1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Chris Anstey +81-3-3201-7553   canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE