中国の銀行、1月末の不良債権比率は1.48%に低下-銀監会

中国の銀行の不良債権比率は1月 末時点に1.48%となり、年初から0.1ポイント低下した。中国銀行業 監督管理委員会(銀監会)が26日発表した。

発表資料によると、1月31日時点の不良債権は前月末比で143 億元(約1870億円)減少の4830億元。中国の銀行の総資産は80兆 5000億元だった。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-7015 or acang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE