米ニューヨーク市に大雪警報-最大40センチ、航空機数百便が欠航

米ニューヨーク市では26日午後6 時(日本時間27日午前8時)まで大雪警報が発令されている。みぞれ 混じりの激しい雪と突風で、同地域の降雪量は最大16インチ(約40 センチ)に達すると予想されている。

現地時間25日午前8時ごろから雪が降り始め、これまでに数百便 の航空機が欠航となった。気温がカ氏30度(セ氏約1度)台半ばで推 移したため同日中は雪が積もっていない。

米気象庁(NWS)は午後3時半時点の予報で、降雪が強まって おり、小雨に変わるのは27日になる可能性が高いとの見方を示した。 民間気象予報会社のアキュウェザーは、倒木や停電に警戒するよう呼 び掛け、一部の地域では猛吹雪が発生する可能性があるとみている。 テレビ局WNBCによると、ニューヨーク市のセントラルパークでは 木の枝が落下し男性1人が死亡した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE