キプロス銀のCEO:ギリシャからの「際立った」資金流入見られず

地中海東部に位置する島国キプ ロスの銀行最大手、キプロス銀行のアンドレアス・エリアデス最高 経営責任者(CEO)は25日、ギリシャ人が同行に開設している 預金口座について、顕著な資金流入は見られていないと語った。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版) は23日、ギリシャが国際通貨基金(IMF)に支援を受けること になった場合に国内銀行に混乱が起きることを懸念し、同国富裕層 はキプロスやルクセンブルク、スイスを中心に海外の預金口座に 80億ユーロ(約9700億円)以上の資金を移したと報じた。

エリアデスCEOは首都ニコシアで記者団に対し、「当行が把 握している数字から判断する限り、実際よりも誇張して語られてい たようで、キプロスへの際立った資金流入は見られていない」と述 べた。

同CEOは、キプロス銀はギリシャ債やキプロス債への投資で いかなるリスクも抱えておらず、また両国ともデフォルト(債務不 履行)に陥ることはないとみていると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE