キヤノン:蘭オセの優先株の議決権行使を制限-株主の懸念に配慮

キヤノンは25日、オランダのプリ ンターメーカー、オセに対する株式公開買い付け(TOB)に関連し、 株主の懸念に対応するため、TOBの無条件実施が宣言された場合に はオセの優先株で行使される議決権を制限すると発表した。

キヤノンはまた、1株8.60ユーロでのTOBは3月1日で終了す ることも確認した。

オセの株主である英資産運用会社ハーミーズ・ファンド・マネジ ャーズと英年金大手USSは今週、オランダの裁判所に対してTOB の無条件実施が宣言された場合の少数株主の地位保全措置を求めると ともに、TOBの期間延長をキヤノンに要求していた。アムステルダ ムの裁判所は3月3日に審理を予定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE