NY金:反発、ギリシャ懸念でユーロに代わる投資需要が高まる

ニューヨーク金先物相場は今週 初めて上昇した。欧州の財政赤字を背景に、ユーロに代わる投資先 としてのとしての金の魅力が強まるとの観測が背景。

ギリシャの債務格付けが引き下げられるとの懸念を背景に、ユ ーロの対ドル相場は一時0.6%下落。通常、ドルが上昇すると金は下 げる傾向がある。2009年には、金は24%上昇した一方、ドルはユー ロに対して2.5%下げた。19日には、安全投資の需要からユーロ建 て金相場は過去最高に達した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏は、「金はドルの上昇と、欧州からの需要の高まりの板挟 みになっている」と指摘。「欧州のソブリン債の問題はまだ始まっ たばかりだ。ユーロが下げれば欧州勢は金に目を向けるだろう」と 語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場4月限は前日比11.30ドル(1%)高の1オンス=1108.50ド ルで取引を終了。一時は1088.50ドルと、中心限月としては12日以 来の安値まで売られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE