2月25日の欧州マーケットサマリー:株が下落、ギリシャ格下げ警戒

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3526 1.3538 ドル/円 88.99 90.15 ユーロ/円 120.37 122.03

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 243.29 -3.93 -1.6% 英FT100 5,278.23 -64.69 -1.2% 独DAX 5,532.33 -83.18 -1.5% 仏CAC40 3,640.77 -74.91 -2.0%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .94% -.04 独国債10年物 3.11% -.02 英国債10年物 4.03% -.04

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,094.50 -8.50 -.78% 原油 北海ブレント 75.86 -2.23 -2.86%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は過去3週間近くで最大の下げ。米格付け会社ム ーディーズ・インベスターズ・サービスがギリシャ格下げの可能性 を示したほか、米週間失業保険申請件数と製造業耐久財受注額(輸 送機器除く)が予想よりも悪い結果だったのが嫌気された。

世界最大の鉱山会社、英・豪系BHPビリトンを中心に鉱山株が 下落。金属相場の下落が影響した。英最大の人材派遣会社ヘイズも 大幅安。同社の利益がアナリスト予想に及ばなかったのが売り材料 だった。

ギリシャのピレウス銀行を中心にギリシャ銀の株価は下落。ピレ ウス銀の通期利益は過去5年で最低水準だった。

ダウ欧州600指数は前日比1.6%安の243.29で終了。2月5日 以降で最大の下げだった。

フォルティス・プライベート・バンキングの株式ストラテジスト、 ギローム・デュシェスネ氏(ジュネーブ在勤)は「ギリシャに関連 する新しい材料は市場のセンチメントや成長見通しに影響を与える」 と述べ、「これが問題だ。特に強弱が混在した経済統計が発表され ている状況を考えるとなおさらだ」と続けた。

ヘイズは8%安。2008年12月以来の大幅安だった。同社上半期 (7-12月)の一時項目を除く税引き前利益は、前年同期比で 70%減の3040万ポンド。ブルームバーグがまとめたアナリストの 予想平均では3620万ポンドだった。

ピレウス銀は3.3%下落。同銀の昨年の年間純利益は2億200万 ユーロに減少した。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではギリシャ国債が下落。ドイツ10年債に対する ギリシャ10年債のプレミアム(上乗せ利回り)は2週間余りで最 大となった。ギリシャの信用格付けが引き下げられる可能性がある との懸念が強まった。

ギリシャ2年債利回りは1月20日以降で最大の上昇となった。 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とムー ディーズ・インベスターズ・サービスは、ギリシャが財政赤字削減 案を実施できなかった場合、同国を格下げする可能性があると示唆。 ムーディーズのソブリンリスク担当マネジング・ディレクター、ピ エール・カイユトー氏は、3カ月末までに引き下げる可能性がある と述べた。

一方、ドイツ2年債利回りは過去最低を記録。投資家がより安 全な資産を選好する動きが強まったほか、この日発表された2月の ユーロ圏景況感指数が予想に反して悪化したことがきっかけとなっ た。

F&Cインベストメンツのユーロ債担当責任者、ミヒール・デ ブルーイン氏(アムステルダム在勤)は「ギリシャは連日のように 材料になっている。ボラティリティーは当面なくならない」と述べ た。さらに「市場は景気の2番底の可能性も考慮に入れており、こ れがリスク回避の動きを促進している」と付け加えた。

ロンドン時間午後5時40分現在、ギリシャ10年債利回りは前 日比13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し6.64%。 同国債(表面利率6%、2019年7月償還)価格は0.90ポイント下 げ95.48。同2年債利回りは6.44%と、前日から74bpの大幅上昇 となった。

ドイツ10年債利回りは3bp低下の3.1%。ギリシャ10年債 とのスプレッド(利回り格差)は16bp拡大し356bpと、8日以 降の最大となった。先月28日時点では396bp。過去10年は平均 58bpだった。

◎英国債市場

英国債相場は4日続伸。この日発表された2009年10-12月 (第4四半期)の設備投資額が前期比5.8%減少したことなどが背 景。アナリスト予想は0.1%の増加だった。

10年債利回りは前日比4ベーシスポイト(bp、1bp=

0.01%)低下し4.03%。この日の金利先物12月限の利回りは4b p低下し1.12%となった。英国の政策金利が長期にわたって低い水 準にとどまるとの見方が強まったことが示された。

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の金利ストラテジスト、ジェイソン・シンプソン氏は、英国債相場 の上昇について、「ギリシャ問題によるものだ。これがリスク回避 の動きを促した」と述べ、「今週の入札をこなし、英国債は好調を 取り戻した」と付け加えた。英国政府は今週、75億ポンド相当の国 債を入札した。

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)と ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、欧州連合(EU)最 大の財政赤字を抱えるギリシャの格付けが早ければ3月にも引き下 げられる可能性があることを明らかにした。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE