インド株(終了):センセックス、小幅下落-景気刺激策縮小を警戒

インド株式市場では、指標のセン セックス30種株価指数が小幅下落。インド政府が26日発表する予算 案に物品税の引き上げと景気刺激策の縮小を盛り込むとの観測を背景 に軟調となった。

インド最大のトラックメーカーでジャガー・ランドローバーを傘 下に持つタタ・モーターズは3カ月ぶり安値を付けた。日用品で国内 最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバは2.9%下げた。

ニューデリーを拠点とする国立応用経済研究所(NCAER)と、 モルガン・スタンレーのエコノミスト、チェタン・アーヤ氏によれば、 ムカジー財務相は26日の予算案発表の演説で、16年ぶり高水準にあ る財政赤字の削減を公約するとみられている。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数はこの日、

16254.2で終了。前日からの下げ幅は0.1%未満だった。16銘柄が 下落した一方で、14銘柄が上昇した。

タタ・モーターズ(TTMT IN)は2.5%安の667.40ルピーで引 けた。ヒンドゥスタン(HUVR)の終値は235.20ルピーとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE