米ニューモントの10-12月期:大幅増益-価格上昇と増産で

産金で米最大手のニューモントの 2009年10-12月(第4四半期)決算は、利益が前年同期から大幅に 増加した。金相場の最高値更新と生産増が寄与した。

25日の発表によると、純利益は5億5800万ドル(1株当たり

1.13ドル)と、前年同期の400万ドル(同1セント)から増加。売 上高は90%増の25億2000万ドルだった。

金相場は昨年12月3日にオンス当たり1227.50ドルの過去最高 を記録した。リチャード・オブライン最高経営責任者(CEO)率い るニューモントは、好機を生かすためオーストラリアのボッディング トン鉱山で増産している。ニューモントの10-12月期の実勢価格は 平均1102ドルで、同期間に150万オンスを販売した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE