独アリアンツ:10-12月、黒字確保-09年は17%増配へ

欧州最大の保険会社、ドイツのア リアンツは25日、2009年10-12月(第4四半期)の黒字決算を受け、 09年分の配当を前年比17%引き上げる計画を明らかにした。

同社によれば、09年の配当は1株当たり4.10ユーロと、前年の

3.50ユーロから引き上げる。ブルームバーグがアナリスト22人を対 象に行った調査では、4ユーロ(中央値)が見込まれていた。同社は 過去最高益(79億7000万ユーロ)を記録した07年、5.50ユーロの配 当を実施した。

同日発表した第4四半期決算は、売却したドレスナー銀行を除く 継続事業ベースの純損益が10億9000万ユーロの黒字となった。前年 同期は1億4500万ユーロの赤字だった。純利益はブルームバーグが集 計したアナリスト19人の予想中央値(11億2000万ユーロ)には届か なかった。

アリアンツのミヒャエル・ディークマン最高経営責任者(CEO) は発表資料で、「10年の主要項目に関して、営業利益は09年と同水準 になるとみている」とする一方、「依然として変動の大きい市場環境を 考慮すると、正確な見通しを示すのは不可能だ」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE