米モルガンSのマック会長:投資銀行の報酬はまだ高過ぎる

米金融大手モルガン・スタンレー のジョン・マック会長は、投資銀行の報酬は過剰だと述べ、ウォール 街の金融機関は優秀な人材を失いたくないため、報酬が大幅に減少す ることはないとの見方を示した。

米ノースカロライナ州シャーロットにあるクイーンズ大学を24 日訪れたマック会長は、バンク・オブ・アメリカ(BOA)のヒュー・ マッコール元CEOが司会する質疑応答で、「ウォール街が納得したと はまだ思えない」と指摘し、「問題は体系ではなく金額だ」と語った。

マック会長は3億-4億ドルを稼ぎ出したある部門の28歳のト レーダーの例を挙げ、同社が1100万ドル(約9億8500万円)の報酬 を提示したところ、2500万ドルの報酬を支払うヘッジファンドに移籍 したと述べた。

ウォール街の金融機関は、2008年以降に公的救済の対象となった ことがきっかけとなり、議員やオバマ米大統領から報酬をめぐる批判 にさらされている。マック会長は、最近オバマ大統領に金融機関が自 主的に報酬を減らすことはないと助言したと説明。主要な投資銀行と 監督当局の関係者を招いて報酬に関する「公開討論」を開催するよう 提案し、「われわれが何かしなければ、政府が何らかの行動を起こすだ ろう」と訴えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE