フィデリティ:ファンドマネジャー2人解雇、倫理規定違反

資産運用会社フィデリティ・イ ンターナショナルは、香港在勤のファンドマネジャー2人を社内倫 理規定違反で解雇した。

同社は25日に電子メールで配布した文書で「定期的な検査で社 内倫理規定に反する行動パターンが発見された」と指摘。「2人の マネジャーが企業よりも個人の利益を優先したことも明らかになっ た」と説明した。

フィデリティによれば、今回の社内倫理規定違反による顧客資 金への影響はなく、この2人が運用していたファンドは他のマネジ ャーに引き継がれている。同社の広報担当、ミーガン・エイトケン 氏(香港在勤)は労使間の守秘義務協定を理由に2人の氏名は公表 せず、犯罪行為に関与した証拠はないと付け加えた。

-- Editor: Andreea Papuc

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Bei Hu in Hong Kong at +852-2977-6633 or bhu5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE