1月の米耐久財受注は4カ月ぶり大幅増か、在庫積み増しで-BN調査

米商務省が25日発表する1月の製 造業耐久財受注額は過去4カ月で最大の増加となったもようだ。製造 業が景気回復の原動力になっていることを示すとエコノミストらはみ ている。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関72社を対象に実施し た調査では、1月の製造業耐久財受注額は前月比1.5%の増加(中央 値)が見込まれている。昨年12月は同1%増だった。また、労働省が 発表する先週の新規失業保険申請件数は減少したようだ。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、 マーク・ビトナー氏は「製造業が驚くほど回復をけん引している」と 指摘。「多くの企業は在庫を積み増す必要があり、製造業部門が大きく 拡大するには最終需要が少し改善するだけで十分だ」と語った。

商務省は午前8時半(ワシントン時間、以下同じ)に製造業耐久 財受注額を発表する。調査での予想レンジは0.5%減-5%増。変動 の大きい輸送用機器を除く受注は前月比1%増(42社の中央値)が見 込まれる。昨年12月は同1.4%増だった。

労働省が同じ時間に発表する予定の20日終了週の新規失業保険 申請件数は46万件(43社の中央値)と、前週の47万3000件から減 少したと予想されている。

-- With assistance from Chris Middleton in Washington Will Daley in Chicago. Editors: Vince Golle, Brendan Murray

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington at +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE