中国塗株が急反発、コンテナ塗料の来期回復期待-CS証は強気確認

船舶塗料大手の中国塗料の株価が 一時4.8%高の587円と、3営業日ぶりに急反発。コンテナ塗料の需要 回復をけん引役に、来期(2011年3月期)業績が持ち直すとの期待感 が高まっている。

クレディ・スイス証券の渡辺真理子アナリストは24日付の投資家 向けリポートで、中国港湾のコンテナ輸送の回復を受け、中国のコンテ ナ生産設備は一部稼働を再開しており、「今後は中国塗のコンテナ塗料 生産も回復に向かう」と指摘する。コンテナ塗料の急回復を受け、来期 営業利益はCS証の今期予想比7.7%増の98億円と予想する。同氏に よると、コンテナ塗料でトップシェアを有する中国塗の株価は、コンテ ナ塗料部門の業績と相関が高いという。

CS証は24日付で、投資判断「アウトパフォーム」、目標株価 (900円)を据え置いた。目標株価は今期(10年3月期)の同証予想P ER(株価収益率)12.5倍、同PBR(株価純資産倍率)1.4倍の水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE