NEC:遠藤常務が社長就任、矢野氏は会長に-4月1日付

通信機器の国内最大手NECは25 日、遠藤信博取締役執行役員常務(56)が社長に昇格する人事を発表 した。矢野薫社長(66)は会長に就任する。いずれも4月1日付。

遠藤氏は1981年にNEC入社。矢野氏と同じ通信畑を歩み、06年 4月から3年間、モバイルネットワーク事業本部長として、無線通信機 器の世界的な拡販を進めた。同社によるとNECは携帯基地局用の超小 型マイクロ波通信システムで、07年には世界シェア首位に立った。

矢野氏は2006年4月に健康問題を理由に退いた金杉明信氏(06年 11月死去)の後任として社長に就任。08年秋以降の世界的な不況を受け て、2万人規模のグループ人員削減や、不採算となった半導体子会社 NECエレクトロニクスを今年4月にルネサステクノロジ(非上場)と 統合させるなどの構造改革を進めた。

日本の電機大手ではNECのほか、日立製作所や富士通、三菱電機 でも、4月1日付でトップが交代予定。遠藤氏の56歳での就任は、富士 通次期社長の山本正己氏と同年齢。NEC広報担当の中島英幸氏による と、同社としては戦前や戦後混乱期を除けば1980年に関本忠弘氏(故人) が53歳で就任して以来2番目の若さ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE