ゼネラル・グロース:会社2分割を計画-ブルックフィールドが出資へ

破たんした米2位のショッピン グモール運営会社、ゼネラル・グロース・プロパティーズは、連邦 破産法の適用下からの脱却を目指す一環として、会社を2分割する 計画だ。同取り組みには、カナダの資産運用会社社ブルックフィー ルド・アセット・マネジメントからの263億ドル(約2兆3600億 円)相当の出資が含まれる。

ゼネラル・グロースの24日の発表によると、ブルックフィー ルドとの合意に基づき、ゼネラル・グロースの株主は保有1株に対 し、分割後の新生ゼネラル・グロースの株(当初価値10ドル)と、 ゼネラル・グロース・オポチュニティーズというもう一方の新会社 の株(同5ドル)を1株受け取ることになる。無担保債権者には元 本に未払い利息を足した満額が返済される。

ブルックフィールドは新生ゼネラル・グロースに1株当たり 10ドルで25億ドル、ゼネラル・グロース・オポチュニティーズに 1株当たり5ドルで最大1億2500万ドル、それぞれ出資するとい う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE