米国:中国製鋼管に暫定課税、平均12%-政府補助金受け取りと認定

米オバマ政権は、中国から輸入 する鋼管に平均12%の暫定課税を決めた。米鉄鋼2位のUSスチ ールなどが、中国政府は不公正な補助金を支給していると主張して いた。

米商務省は24日に電子メールを通じて配布した資料で、中国 の鉄鋼メーカーは自国政府から補助金を受けているとの判断を示し た。化学や石油化学、精製プラントなどに使用される中国製鋼管に 対する関税率は約11-13%になるという。

2009年の中国の対米貿易黒字は2270億ドル(約20兆5000 億円)。USスチールは、補助金に関連し中国の鋼管に15-30%の 関税を課し、それとは別に60%以上の反ダンピング(不当廉売) 関税を課すよう求めている。ダンピングに関する決定は年内に行わ れる予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE