日本株は円急伸受け3日続落、米低金利観測やギリシャ懸念-輸出主導

日本株相場は3日続落。ギリシャな ど欧州の財政問題、米国の低金利の長期化観測を受けて為替市場では対 ユーロ、ドルで円高が進み、企業業績への悪影響が警戒された。電機や 自動車、機械など輸出関連株中心に売られ、欧州の売上高比率の高い旭 硝子、日本板硝子などガラス・土石製品は東証1部33業種の下落率1位。

日経平均株価の終値は前日比96円87銭(1%)安の1万101円96 銭。TOPIXは同4.28ポイント(0.5%)安の891.41。

三菱UFJ投信株式運用部の高田穣次長は、「好決算にも反応せず、 動きづらい状況。世界的に大量の資金供給がなされてきたが、出口論が 議論され始め、引き締めが警戒されている」と指摘。楽観を織り込みな がら上昇してきたため、「もう少し調整に時間がかかりそうだ」と見る。

この日は、為替市場でユーロ、ドル売りが進んだ。朝方は1ユーロ =122円前半台で推移していたが、午前10時ごろからユーロ安が急速に 進行。午後に入ってから、2月5日に付けた直近安値(同120円71銭) を下回った。一時同120円46銭と2009年2月以来、約1年ぶりの安値 を記録。またドル安も進み、朝方は1ドル=90円前半だったが、同89 円47銭と、2週間ぶりのドル安値水準となった。

ギリシャの財政問題がくすぶる上、米連邦準備制度理事会(FRB) のバーナンキ議長が24日の議会証言で、「米経済は低金利を維持するこ とが必要」と発言、米国の早期利上げ観測が後退したことが背景だ。東 京株式相場は、朝方こそ小幅に上昇して始まったものの、為替相場の円 高進行に伴い徐々に売りが優勢となった。大規模リコール問題の米公聴 会を終え、悪材料の一巡感から取引開始時は高かったトヨタ自動車も結 局小幅安で終了。

TOPIXの下落寄与度1、2位は、為替の影響を受けやすい電気 機器、輸送用機器。東証1部33業種の値下がり率上位にはガラス・土石 製品、鉱業、海運、機械、非鉄金属などが入った。半面、倉庫・運輸関 連、電気・ガス、小売、陸運などが高い。

東証33業種の騰落状況は、10業種が上昇、下落23。東証1部の騰 落銘柄数は値上がり816、値下がり729。東証1部の売買代金は1兆2704 億円と、過去半年の1日当たり平均1兆3679億円を7%ほど下回った。

スピンドルは下落率1位、デンソーや東海理化も売り

個別では、法人税等調整額等の増加が響き、10年3月期の連結純利 益を大幅減額、今期末は無配となることが決まった日本スピンドル製造 は東証1部の値下がり率1位。ゴールドマンサックス証券が投資判断を 「売り」、みずほ証券が「アンダーパフォーム」に引き下げた東ソーは3 日続落。反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いがあるとして、米当局 が調査していることが分かった東海理化、デンソーも安い。

半面、中国のCITICセキュリティーズ、新濠国際発展グループと 業務・資本提携に向けた協議を開始すると発表したアビリットが反発。 自社株買いを発表したリズム時計は3日ぶりに大幅反発。みずほ証券が 投資判断を新規「アウトパフォーム」としたファンケルは、3日ぶりに 大幅反発した。

新興3市場はまちまち

国内新興3市場は高安まちまち。東証マザーズ指数は同0.01%高の

403.36、ジャスダック指数は0.2%高の50.36とともに小幅ながら4日 続落。一方、大証ヘラクレス指数は0.4%安の570.56と4日ぶりに反落。

個別では、新たな遺伝子を対象とする血管新生の医薬用途特許が24 日に成立したアンジェスMGが大幅続伸。携帯電話の修理受託業務など が伸び、10年3月期の単体経常利益が前期比21%増の2億1000万円に なりそう、と25日付の日本経済新聞朝刊が報じた日本マニュファクチャ リングサービスが大幅高。フォーサイド・ドット・コム、シコーも高い。 半面、ミクシィ、スタートトゥデイなどインターネット関連株の一角が 下落。既存店売上高の低迷で今期赤字幅が拡大する見通しとなったリン ク・ワンは大幅続落、過年度決算の訂正を行ったこともあり、午後2時 20分以降は売買が一時停止された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE