トヨタ、NY州の顧客対応策で当局と合意-リコール問題で

ニューヨーク州のクオモ司法長 官は、トヨタ自動車のリコール(無料の回収・修理)問題に絡み、 同州のトヨタディーラーが修理を求める顧客に「特別な対応」を取 ることでトヨタ側と合意した。

クオモ長官が24日、マンハッタンでの記者会見で明らかにした。 同長官のオフィスは発表文で、リコール車の運転を望まないニュー ヨーク州の顧客に対する代替交通手段の提供や返金をトヨタ側に求 める要望を受け取っていたと説明した。

発表文によれば、トヨタはレンタカーの提供あるいはリコール 車の引き取りとディーラーへの返却サービスのほか、優先的な修理 などを実施する。

同発表文は「ニューヨーク州では回収された車の多くがすでに 所定の修理を受けたものの、リコール対象車の大半はまだ修理が済 んでいない。実際のところ、リコール対象車を所有する顧客の多く は修理日程を決める通知さえ受け取っていない」と指摘している。

トヨタ米現地法人の稲葉良睨社長は24日、米下院監視・政府改 革委員会の公聴会の証言で議員らの質問に対し、ニューヨーク州と の合意は全米で適用されるだろうと述べたが、トヨタはその後の説 明で、「本日の合意はニューヨーク州のみに適用される」とした。

トヨタの発表文書によれば、多くのディーラーが営業時間の延 長、あるいは人員を増やしてリコールに対応している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE