野村HD:米でドル建社債30億ドル発行へ-資金調達を分散化

野村ホールディングスは米国で 30億ドルのドル建普通社債を発行する計画だ。同社によるドル建 て社債の発行はこれが初めて。

野村による今回の起債規模は5年債と10年債がそれぞれ15 億ドルとなるもよう。5年物社債の同年限米国債に対するスプレッ ドは約275ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、10年物 のスプレッドは約310bpとなる可能性がある。発行条件が確定し ていないことを理由に、この起債に詳しい関係者が匿名で明らかに した。

野村広報の並川徹氏は25日の電話インタビューで、今回の起 債について、同社が米国で株式と債券の引き受けや投資銀行業務を 構築するなか、資金調達先の分散化を狙ったものと述べた。野村は 24日、米証券取引委員会(SEC)に証券発行登録書を提出し、 今後3年以内に優先債を発行する方針を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE