グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。米国の消費者信頼感の悪化を受けて世界の 景気回復が減速する懸念が強まり、輸出株と資源株が安くなった。

携帯電話端末の受託生産で世界最大手の富士康(2038 HK)は

3.9%安。玩具や衣料を米ウォルマート・ストアーズなどに供給する 香港のリー・アンド・ファン(494 HK)は0.7%安で引けた。

中国の産銅大手、江西銅業(358 HK)は1.1%下落。アルミニ ウム生産で同国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は

1.5%安。6品目で構成するロンドン金属取引所(LME)の指数は 23日、2.3%安と続落した。

一方、香港のサンフンカイ・プロパティーズ(16 HK)を中心に 不動産株の一角は高い。香港当局が高級住宅の売買にかかる印紙税を 引き上げると発表したことで、不動産市場の過熱防止で急進的な措置 が取られることへの懸念が和らいだ。サンフンカイは1.5%、サイ ノ・ランド(信和置業、83 HK)は1%上げた。

ハンセン指数は前日比155.26ポイント(0.8%)安の

20467.74と3日ぶりに下落。ハンセン中国企業株(H株)指数は同

1.1%下げ11493.41で終了した。

香港当局は24日、売却価格が2000万香港ドル(約2億3200 万円)を超える高級住宅の取引に課す印紙税の税率を、現行の

3.75%から4.25%に引き上げると発表した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は3営業日ぶりに反発。投資家 が景気減速の影響を最も受けにくいとみられる銘柄を物色するなか、 電力と製薬株が上昇を主導した。

電力会社の国電電力発展(600795 CH)は5.4%、華電国際電 力(600027 CH)は2.2%それぞれ上昇。平安証券が中国の2010 年の発電量の伸び予想を引き上げたことが手掛かりとなった。漢方薬 メーカーの雲南白薬集団(000538 CH)は4.1%高。製薬会社の亜 宝薬業集団(600351 CH)は6.3%高で終了。

このほか鉄道建設を手掛ける中鉄二局(600528 CH)は、受注 獲得が好感され、8.6%上昇。莱蕪鋼鉄集団の買収計画を発表した製 鉄会社の済南鋼鉄(600022 CH)は、8.4%高で引けた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比39.60ポイント(1.3%)高の

3022.18で終了し、3日以来の大幅高。上海、深セン両証取のA株 に連動しているCSI300指数の終値は同1.4%高の3244.48。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「市場は利 益見通しが堅調なディフェンシブ銘柄への志向を強めている」と指摘。 「当局の引き締め姿勢を考慮すれば、相場はレンジ取引となる公算が 大きい」と予想した。

【インド株式市況】

インド株式相場は3日ぶりに下落。インド政府が鉄道車両の発注 数を増やさなかったことを背景に、26日発表される予算案で景気刺 激策が一段と縮小されるとの懸念が強まった。

インド最大のトラックメーカーでジャガー・ランドローバーを傘 下に持つタタ・モーターズは約3週間で最大の下げとなった。スポー ツ型多目的車(SUV)のマヒンドラ・マヒンドラも安い。ムンバイ で大量高速輸送システムを建設しているリライアンス・インフラスト ラクチャーは9カ月ぶり安値となった。

インドのバナジー鉄道相はこの日、インド国鉄が4月1日からの 新会計年度に鉄道車両1万8000両を購入する計画を明らかにした。 発注規模は昨年7月3日の予算発表時から変わらず。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

30.35ポイント(0.2%)安の16255.97で終了。

タタ・モーターズ(TTMT IN)の終値は2.2%安の684.45ル ピー。マヒンドラ(MM IN)は2.4%安の957.3ルピー。リライア ンス(RELI IN)は1.2%下げ963.75ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比69.8ポイント(1.5%)安の4648.5。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比16.07ポイント(1%)安の

1612.83。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比67.77ポイント(0.9%)安の7529.67。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比20.41ポイント(0.7%)安の2762.14。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比4.35ポイン ト(0.3%)高の1270.78。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比0.40ポイント(0.1%)安の715.18。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比4.23ポイント(0.2%)安の

2579.42。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比32.00ポイント(1.1%)安の

2981.14。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE