今日の国内市況:株続落・債券上昇、ドル安-FRB議長の証言控え

日本株相場は続落。2月の米国 の消費者信頼感指数が市場予想を大きく下回り、米景気の回復の鈍さ が警戒された。電機や精密機器、自動車など輸出関連株中心に幅広く 売られ、東証1部の33業種はすべて安い。米金融政策の動向などに も不透明感が残り、投資家の様子見姿勢から実需の買いは乏しかった。

薄商いの中、先物主導で下げる場面が目立った。東証1部の売買 代金は1兆2565億円と、前日までの過去1年間の1日当たり平均1 兆4289億円に届かなかった。日経平均先物3月物の出来高は8万 946枚と、前日終日(6万3036枚)を上回った。

日経平均株価の終値は前日比153円27銭(1.5%)安の1万 198円83銭。TOPIXは同11.68ポイント(1.3%)安の

895.69。東証1部の騰落銘柄状況は値下がり1322に対し、値上が り252。

連邦準備制度理事会(FRB)が18日に公定歩合を引き上げて 以来、投資家は様子見姿勢を強めているが、この日の投資家心理に影 を落としたのが米消費の動向だ。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが23日に発表した2 月の消費者信頼感指数は46.0に低下。2009年4月以来の低水準と なった。08年9月以来の高水準まで回復していただけに、米景気の けん引役である個人消費の回復ペースの鈍化が懸念された。

米景気の先行き懸念は海外商品相場の下落にもつながり、東京市 場では輸出、資源関連中心に広く売りが先行した。TOPIXの下落 寄与度上位には電機、銀行、輸送用機器、化学、卸売、機械が並び、 東証33業種の値下がり率上位では不動産や小売、証券など内需関連 業種も目立った。

債券は上昇、米景気楽観論が後退

債券相場は上昇(利回りは低下)。米国で消費者信頼感指数が予 想を大きく下回り、景気の楽観見通しが後退した。これを受けた内外 株安や外国為替市場でのドル安・円高を背景に、円債市場は先物中心 に買い優勢の展開となった。

東京先物市場の中心限月3月物は前日比18銭高い139円59銭 で始まった。午前に一時139円54銭まで伸び悩んだが、株安や円高 もあって4営業日ぶり高値圏となる139円60銭台で推移。22銭高 の139円63銭で終了した。

23日の米債市場では10年債利回りが公定歩合引き上げ前の水 準となる3.7%割れまで低下した。FRBの公定歩合引き上げ後、1 月の消費者物価指数では食品とエネルギーを除くコア指数が約27年 ぶりに低下。2月の消費者信頼感指数は10カ月ぶりの低い水準とな り、市場の早期利上げ観測は後退している。

3月には国債大量償還を控えて需給懸念が高まりにくく、債券 先物相場は今後の為替や株価動向次第では一段高が見込まれる。

現物市場で新発10年物の305回債利回りは前日比1ベーシス ポイント(bp)低い1.32%で始まり、その後は1.315-1.325%で 推移。月末にかけては保有債券の年限を長期化させる買い需要が見込 まれ、この日は中期から長期ゾーンにかけて総じて買いが優勢だった。

ドル下落-米議会証言を警戒

東京外国為替市場では、ドルが対ユーロで下落。前週末の米公定 歩合引き上げ後に高まっていた早期利上げ観測が後退する中、米国時 間にバーナンキFRB議長の議会証言を控え、警戒感からドルの上値 が抑えられる格好となった。

ユーロ・ドル相場は午前に一時1ユーロ=1.3551ドルと、前日 のニューヨーク時間午後遅くに付けた1.3507ドルからドル安が進行。 午後も1.35ドル台前半から半ば付近でドルが弱含みに推移した。

ユーロ・円相場ではユーロ買いが優勢。午前に一時1ユーロ= 122円29銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた121円 86銭からユーロが水準を切り上げ、その後も122円台前半で取引さ れた。

一方、ドル・円相場は1ドル=90円台前半で小動き。円の安値 が90円31銭、高値が90円10銭と、午前に形成された値幅21銭 のレンジ内での取引が続いた。

セントルイス連銀のブラード総裁は23日、記者団の質問に対し、 米景気拡大が予想通りなら、FRBが今年末まで利上げを見送る可能 性があるとの認識を明らかにした。

ユーロ圏では、ギリシャを中心とした一部加盟国の財政規律問題 がくすぶる。格付け会社フィッチ・レーティングスは、ギリシャの4 大銀行の長期および短期発行体デフォルト格付けを引き下げた。ドイ ツのIfo経済研究所が前日に発表した2月の独企業景況感指数は

95.2と、前月の95.8から低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE