香港:人民元建て債券発行拡大を目指す-元の利用拡大促進へ

香港当局は、人民元の利用拡大 を促すため、人民元建て債券の発行拡大を目指している。

曽俊華財政官は24日に立法会(議会)で、発行規模の引き上 げや、発行体の種類と投資家の範囲の拡大など、香港での人民元建 て債事業の発展促進を図る意向を示した。

中国政府は2009年10月、元の「国際的地位」向上の一環と して、香港で60億元(約790億円)規模の債券を発行した。香港 金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)は今月11日、中国本土 以外の発行体について、法的要件や市場原則を満たせば香港で人民 元建て債を発行することが可能だとの見解を示した。

曽財政官によれば、09年の香港での人民元建て債券の発行規 模は計160億元だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE