ロゴフ氏:中国の危機が域内にリセッション引き起こす恐れ

国際通貨基金(IMF)調査局 長だったケネス・ロゴフ氏は、今後10年以内に中国の債務を原動 力としたバブルが崩壊した後、同国の経済成長率が最低2%に落ち 込んで域内でリセッション(景気後退)を引き起こすだろうとの予 想を明らかにした。

ロゴフ氏は23日に東京でインタビューに応じ、「10年以内に 中国の景気循環は必ず壁に突き当たるだろう」と述べた上で、「そ の時、われわれは中国の重要性を思い知ることになるだろう。周辺 の」日本や韓国など「近隣の至るところでリセッションを引き起こ す」ほか、中南米の一次産品輸出国にとっても「恐ろしい」事態と なると分析した。

2008年の米大手銀破たんを予測したロゴフ氏は、「最近の金融 危機への中国の対応が、同国経済に債務を原動力にしたバブルが発 生するリスクを高めたのは明らかだ」と説明した。

ロゴフ氏は、何が中国のバブル崩壊要因となるか確言できない としながらも、危機の「最も一般的な原因」は土地であるとして、 そうなる「公算が最も大きい」と指摘した。同氏は、上海と北京の 不動産価格が「実勢からかけ離れている」と述べた。

同氏によれば、バブルが崩壊した場合、成長率は2-3%まで 落ち込み、この「極めてつらい」時期は約1年半続くと予想。ただ この景気減速がバブル崩壊後の日本のような「失われた10年間」 につながることはないと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE