米PIMCO、高利回り債購入-「バーベル戦略」で格付け両極に分散

債券ファンド最大手、米パシフィ ック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、低成長の 環境下でプラスのリターンを上げる投資を図り、高利回り債のうち最 も高格付けと低格付けの両極に分散投資している。

PIMCOのポートフォリオマネジャー、アンドルー・ジェソッ プ氏は同社ウェブサイトに掲載したコメントで、投資適格級と比べて リターンが良く、リスクもそれほど大きくない「BB」格付けの債券 を同社は買っていると説明した。

二極に分散投資を図るいわゆる「バーベル戦略」は、PIMCO が、「ニューノーマル(新たな標準)」と称する経済環境下で生き残る と見込む発行体の格付け「CCC」以下の債券も購入していることを 意味している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE