アジア株:下落、米消費者信頼感の低下を嫌気-資源と自動車株安い

24日午前のアジア株式相場は反 落。2月の米消費者信頼感指数が10カ月ぶりの低水準となったこと から景気回復ペースが落ちるとの懸念が広がり、資源と自動車株を中 心に下げた。

世界最大の鉱山会社、BHPビリトンは1.8%安。景気鈍化で金 属需要が減退するとの観測が影響した。ドル相場が対円で下落したこ とを受けてキヤノンも売られ、日本の輸出株の下げを主導した。同社 は海外での売上高が全体の79%を占める。韓国の自動車メーカー最 大手、ヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)は3%下落。米 誌オートウィークは、現代自動車がドアロックの問題を理由に米国で 一部車種の販売を停止したと伝えた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時28分現在、 前日比1.3%安の117.48。同指数は過去2日間で3.2%上げていた。 上昇銘柄と下落銘柄の割合は1対8。日経平均株価の午前終値は前日 比188円82銭(1.8%)安の1万163円28銭。

-- With assistance from Kana Nishizawa and Kotaro Tsunetomi in Tokyo. Editors: Nicolas Johnson, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net; Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE