中国株(終了):上海総合指数、3日ぶり反発-電力・製薬株が高い

24日の中国株式市場で、上海総 合指数は3営業日ぶりに反発。投資家が景気減速の影響を最も受け にくいとみられる銘柄を物色するなか、電力と製薬株が上昇を主導 した。

電力会社の国電電力発展(600795 CH)は5.4%、華電国際電 力(600027 CH)は2.2%それぞれ上昇。平安証券が中国の2010 年の発電量の伸び予想を引き上げたことが手掛かりとなった。漢方 薬メーカーの雲南白薬集団(000538 CH)は4.1%高。製薬会社の 亜宝薬業集団(600351 CH)は6.3%高で終了。

このほか鉄道建設を手掛ける中鉄二局(600528 CH)は、受注 獲得が好感され、8.6%上昇。莱蕪鋼鉄集団の買収計画を発表した製 鉄会社の済南鋼鉄(600022 CH)は、8.4%高で引けた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比39.60ポイント(1.3%)高の

3022.18で終了し、3日以来の大幅高。上海、深セン両証取のA株 に連動しているCSI300指数の終値は同1.4%高の3244.48。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「市場は利 益見通しが堅調なディフェンシブ銘柄への志向を強めている」と指 摘。「当局の引き締め姿勢を考慮すれば、相場はレンジ取引となる公 算が大きい」と予想した。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE