綜研化学株2カ月ぶり高値、液晶向け粘着剤が順調-通期業績増額へ

ジャスダック上場の電子材料メー カー、綜研化学株が一時前日比6.3%高の1339円と3連騰。2009年 12月28日以来、約2カ月ぶりの高値を付けた。薄型ディスプレー向 け粘着剤の受注高が会社側の想定を上回っているとして、23日に通期 (2010年3月期)業績予想を増額修正したことが好感された。

綜研化学の新しい通期業績予想は、連結売上高が前期比0.8%減 の238億円、営業利益が同5.3倍の19億円。前回予想と比較すると、 売上高で4億円(1.7%)、営業利益で3億円(19%)の上振れとなる。

同社経営管理部IR担当の和泉潤氏によると、「例年1-3月は販 売が落ち込む時期だが、今年は中国などからの引き合いが強く、売上 高が想定を上回って推移している」という。

会社側の新しい1株利益(EPS)予想は138円78銭。23日終 値で算出した株価収益率(PER)は9倍だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE