米GM:レイオフした従業員が職場復帰の公算-設備刷新の米工場で

米自動車メーカー最大手のゼネラ ル・モーターズ(GM)は、総額14億ドル(約1260億円)を投じて 全米18工場で実施した設備刷新によって創出した5500人分の雇用に ついて、その大半をレイオフ(一時解雇)中の従業員で埋める可能性が ある。同社幹部が明らかにした。

ダイアナ・トレンブレイ副社長(労務・製造部門担当)はインタ ビューに応じ、GMでは5000-6000人の従業員が無期限レイオフにな っていると説明。工場設備の刷新によって生まれた空きに対しては、 まずはこれら従業員に優先権があると述べた。

同副社長は「レイオフされた従業員のうち、どの程度の数が職場復 帰を希望するかにかかっている」とし、「残りの労働力は新規雇用で埋 める」と語った。

非営利団体のセンター・フォー・オートモーティブ・リサーチ(C AR)のチーフエコノミスト、ショーン・マカリンデン氏は23日に電 子メールで、GMで新規採用を行えるだけの雇用が創出されるのは、 「自動車販売台数が実際に大きく回復した時だろう」と指摘。「自動車市 場は依然として低迷している」と述べた。

-- Editor: John Lear

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Keith Naughton in Southfield, Michigan, at +1-248-827-2941 or Knaughton3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jamie Butters at +1-248-827-2944 or jbutters@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE