ギリシャ経済相:ユーロ圏の積極的な支援を訴え-財政危機対応で

ギリシャのカツェリ経済相は、欧 州連合(EU)最大の財政赤字削減に向けて、ユーロ圏諸国と関係機 関の積極的な支援が必要だと訴えた。ギリシャは財政赤字の削減に取 り組む約束を果たす能力があることを市場に納得させようとしている。

カツェリ経済相はアテネで23日開かれた会議で、「現在のギリシ ャの危機は、ある加盟国に対する投機的な攻撃に有効に対処するユー ロ圏の関係機関の弾力性の試金石になる」と語った。ギリシャ経済省 が電子メールで講演テキストを配布した。

同経済相は、最近のギリシャ国債に対する「投機的な攻撃」を受 けて、ドイツ国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)が拡大し、財 政規律および金融市場における信認と安定の回復を図る政府の取り組 みが損なわれていると指摘。ギリシャ10年債のスプレッドは過去4カ 月で倍以上に拡大している。

経済相は「規制が行き届き、安定した国際金融の枠組みを守るた め、より効果的な国際協調が現在、切に求められる」と発言。「金融の 混乱のコストは、一つの国ないし企業で負担できないほど大きくなる ことが多い」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE