新興市場株:下落、米消費者信頼感指数の大幅低下で景気回復失速懸念

23日の新興市場株は下落し、新 興国通貨も軟調。米消費者信頼感指数の大幅低下とドイツの企業景 況感指数の予想外の落ち込みで景気回復の失速懸念が強まった。

MSCI新興市場指数は前日比0.3%安の940.21で終了。ハ ンガリー、トルコ、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国、ア ルゼンチンの株価指標は2%を超える下げを演じた。新興国通貨も ドルに対して値下がりし、ポーランド・ズロチは1.5%安。ブラジ ル・レアルは1%安。

ドイツのIfo経済研究所が23日発表した2月の独企業景況 感指数は11カ月ぶりに悪化。過去14年で気温が最も低い冬となっ たため、小売売上高や建設が落ち込んだのが響いた。2月の米消費 者信頼感指数は予想以上に低下し、2009年4月以来の低水準となっ た。ブラジルの昨年12月の小売売上高指数は前月比で予想外に低下 した。

原題:Emerging-Market Stocks Fall as U.S. Consumer

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE