ギリシャ国債、下落-フィッチが4大銀を格下げ、財政調整の影響懸念

23日の債券市場では、フィッ チ・レーティングスがギリシャの4大銀行の格付けを引き下げたこ とを受け、ギリシャ国債相場が下落した。フィッチは、ギリシャ政 府に義務付けられた「財政調整」により4大銀の業績が圧迫される との見通しを格下げ理由に挙げた。

2年物ギリシャ国債利回りは、一時17日以来の低水準まで下 げた後、上昇した。フィッチはまた、ギリシャ国立銀行、アルファ 銀行、EFGユーロバンク・エルガシアス、ピレウス銀行の格付け 見通しを「ネガティブ」とした。

ロンドン時間23日午後3時27分(日本時間24日午前零時 27分)現在、ギリシャ2年債利回りは前日比14ベーシスポイント (bp、1bp=0.01ポイント)上昇の5.53%。同国債(表面利 率4.3%、2012年3月償還)価格は0.25ポイント下げて97.67。 10年物ギリシャ債の利回りは7bp上昇の6.48%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE