独首相、投機的ユーロ売りに「怒り」-国家財政悪化に付け込む動き

【記者:Patrick Donahue】

2月23日(ブルームバーグ):ドイツのメルケル首相は23日、 公的資金で救済された金融機関がギリシャなどの財政危機に付け込 んでいるとして、投機的なユーロ売りを批判した。

メルケル首相はハンブルクでの演説で、ギリシャ危機の解決は ユーロに対する信認再構築の上で「中核の要素」だと指摘し、ユー ロ圏諸国に対して財政安定成長協定が定める財政基準にできるだけ 早期に順守するよう求めた。また、ユーロ圏政府が金融危機に対処 するために膨らませた債務に付け込んでいると、為替市場の投機的 な投資家を痛烈に批判。「怒りの感情がわき上がる」とけん制した。

「増加せざるを得なかった国家の債務は悪化傾向に向かうなか で、1年半前にわれわれが救済したまさにその金融機関の投機の対 象になりつつある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE