2月23日の米国マーケットサマリー:株が続落、円とドルは上昇

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3507 1.3596 ドル/円 90.20 91.14 ユーロ/円 121.84 123.92

株 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率 ダウ工業株30種 10,282.41 -100.97 -1.0% S&P500種 1,094.60 -13.41 -1.2% ナスダック総合指数 2,213.44 -28.59 -1.3%

債券 直近利回り 前営業日比 米国債2年物 .83% -.05 米国債10年物 3.68% -.11 米国債30年物 4.63% -.10

商品 (中心限月) 終値 前営業日比 変化率 COMEX金 (ドル/オンス) 1,103.20 -9.90 -.89% 原油先物 (ドル/バレル) 78.79 -1.52 -1.89%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では円とドルがほとんどの主要通貨に 対して上昇。ドイツの企業景況感指数や米消費者信頼感指数が低下し たことから、安全資産としての両通貨に買いが広がった。

円はすべての主要16通貨に対して値上がりした。米消費者信頼 感指数が10カ月ぶりの低水準となったほか、景気や労働市場に対す る懸念からこの統計の現況指数が27年ぶりの低水準に落ち込んだこ とが背景。ユーロは円に対してほぼ3週間ぶりの大幅安。2月の独 Ifo企業景況感指数は11カ月ぶりに悪化した。

為替取引を手がけるテンパス・コンサルティングのストラテジ スト、ジョン・ドイル氏は「経済指標が弱い内容となり安全性への 逃避が活発化するなか、わずかにリスク離れがみられる」と指摘。 「この日の統計は、労働市場が低迷し続ける限り消費者は財布のひ もを緩める用意がないことを示した」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時15分現在、円はドルに対して前日比

1.1%高の1ドル=90円17銭(前日は同91円14銭)。ドルは対ユ ーロで0.5%高の1ユーロ=1.3528ドル(前日は同1.3596ドル)。 ユーロは対円で1.6%安の1ユーロ=121円86銭(前日は同123円 92銭)と、終値ベースでは4日以来の大幅下落となった。

◎米国株式市場

米株式相場は続落。2月の米消費者信頼感指数が2009年4月以 来の低水準だったことが、景気回復ペースが鈍化するとの懸念につな がった。

クレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)や 半導体のインテル、アルミ生産のアルコアはいずれも下落。石油の エクソンモービルやシェブロンを中心に、S&P500種株価指数の エネルギー株価指数を構成する39銘柄すべて値下がりした。この日 の原油価格は下落、バレル当たり79ドルを下回った。

フィフス・サード・アセット・マネジメントでチーフ投資責任者 として180億ドルの運用に携わるキース・ワーツ氏は、「市場参加 者の頭の中には雇用と株価動向という2つの大きな問題がある」と 述べ、「株式市場が消費者信頼感のトーンを決定づけたようだ。最 近見られた調整局面がこの統計内容に示されている」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株 価指数は前日比1.2%安の1094.6。ダウ工業株30種平均は100.97 ドル(1%)下げて10282.41ドル。

◎米国債市場

米国債相場は上昇。消費者信頼感指数が市場予想を上回る落ち込み となったことから、この日の2年債入札(発行額440億ドル)で旺盛な 需要が見られたことが背景にある。

2年債入札の結果によると、最高落札利回りは0.895%と、入札 直前の市場予想の0.912%を下回った。バーナンキ米連邦準備制度理 事会(FRB)議長は24日、金融政策について議会で証言する。

キャボット・マネー・マネジメントの債券ポートフォリオマネ ジャー、ウィリアム・ラーキン氏は、「2年債は最良の選択だ。イ ンフレが問題になるとは誰も感じていないからだ」と指摘。「流動 性と安全性から見て、かなり魅力的だ」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後2時36分現在、既発2年債利回りは前日比5ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01ポイント)低下の0.84%。10年債利回り は3.70%。一時11bp低下し、下げ幅は4日以来最大となった。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は下落。ドルが上昇したことで代替投資 としての金の魅力が弱まり、下げ幅は2週間ぶりで最大となった。

ドルはユーロに対して一時0.7%上昇した。年初から前日までの 上昇率は5.4%。金の年初来の上げは0.6%。2009年には金は24%上 昇した一方、ドルの対ユーロ相場は2.5%下げた。

アーチャー・ファイナンシャル・サービシズの商品アナリスト、 スティーブン・プラット氏(シカゴ在勤)は「ドルは上昇基調を維 持している。銀は下げており、金は新規の買いを探っている」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場4月限は前日比9.90ドル(0.9%)安の1オンス=1103.20ドル と、下げ幅は5日以来で最大。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油相場は下落。2月の米消費者信頼感指数が10 カ月ぶり低水準となったことで、エネルギー需要の回復が遅れるとの 見方につながった。

原油は5週間ぶり高値から一時は2.6%下げた。米民間調査機関 のコンファレンス・ボードが発表した2月の消費者信頼感指数は46.0 に低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の下限を下回っ た。一方、前月は56.5に上方修正された。また、2月のドイツ景況 感指数は11カ月ぶりに前月を下回った。

PFGベスト(シカゴ)のバイスプレジデント、フィル・フリン 氏は、「米消費者信頼感指数の低下幅は極めて大きかった」と指摘。 「消費が再び低迷すれば、ガソリン需要が堅調となる可能性は極めて 低い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前 日比1.45ドル(1.8%)安の1バレル=78.86ドルで終了。一時は

78.22ドルまで下げた。年初からは0.7%下げている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE