トヨタの米ディーラーが首都集結、「性急な判断」せぬよう国民に訴え

トヨタ自動車のディーラーは 23日、大規模リコール(無料の回収・修理)を受けて「性急な判断」 を下さないようを米国民にけん制した。また、トヨタが米市場での 販売減少から回復するとの見通しを示した。

トヨタ車の米販売会社最大手オートネーションのマイケル・ジ ャクソン会長兼最高経営責任者(CEO)は、「われわれはトヨタ を全面的に支持する」と言明。「3月、4月と時がたつにつれ、ト ヨタが今回の混乱で失ったシェアの大部分を回復すると見込んでい る」と語った。

米議会公聴会によるトヨタのリコール責任追及を受け、約200 人のトヨタのディーラーがワシントンに集結。トヨタ支持を訴えた。

DCHオート・グループの社長兼CEO、スーザン・スカロー ラ氏は、トヨタのリコールが「パニック状態」を引き起こし、「単 に顔の見えない攻撃の標的」になるのではと懸念していると語った。

スカローラ氏は「事実を知ろう」と述べ、「私は、疑わしきは 罰せずと教わった」と続けた。

またトヨタ・ナショナル・ディーラーズ・アドバイザリー・カ ウンシルのポール・アトキンソン会長は、トヨタが長年にわたり最 高品質の車を生産してきたと指摘。「どういう訳でわれわれはこん な悪者にされたのだろうか」と問いかけた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE