ゴンサレスパラモECB理事:為替相場の「過剰な変動は有害」-独紙

欧州中央銀行(ECB)のゴン サレスパラモ理事は、外国為替市場での「過剰な変動は有害だ」と の見方を示した。独紙ベルゼン・ツァイトゥングが同理事とのインタ ビューを基に報じた。

同報道によると、ゴンサレスパラモ理事は「ユーロは歴史的な平 均水準へと下落した」と指摘。「為替交換レートは柔軟で、経済のフ ァンダメンタルズを反映すべきであるため、ユーロ相場の下落はまっ たく正当化されないわけではない」と述べた。

-- Editor:

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Frances Robinson in Frankfurt at +49-69-92041-205 or frobinson6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE