グーグル:中国で人員採用開始、広告主も復帰-撤退懸念の後退で

インターネット検索大手の米グ ーグルは中国で人員採用を開始しており、広告主も同社に戻ってい る。中国事業撤退の観測が後退したことが背景。

グーグルや同業の百度(バイドゥ)に掲載する広告スペースの代 理店であるエンポリオアジア・リオ・バーネットのマネジングディ レクター、ビンセント・コブラー氏(上海在勤)は、「状況は安定 した」としながらも、グーグルが百度からさらに後れを取らないた めには、中国での事業運営について早急に決断する必要があると指 摘した。

中国で検索結果の検閲を取りやめる方針を示してから6週間が経 ち、グーグルはエンジニアや管理職、営業スタッフを採用している。 撤退が取りざたされた当初は広告主が百度に流れたが、グーグルが 事業継続の道を探り、中国当局と協議を行っていることで、こうし た懸念は後退している。

別の広告代理店である英ゼニスオプティメディア・グループの中 国部門最高経営責任者(CEO)スティーブン・チャン氏は、「顧 客は今後の広告キャンペーンには再びグーグルを検討するようにな っている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE