米FDIC:破たん銀行の資産を裏付けとした債券売却へ-関係者

米連邦預金保険公社(FDIC) は、破たんした銀行の資産を裏付けとした債券の売却を来月にも開 始する可能性がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

交渉内容が公表されていないとして匿名を条件に明らかにした同 関係者は、FDICが最初に売却する債券には同公社が保有する約 20億ドル相当のコーラス銀とフランクリン銀行のローン債権が含ま れると語った。販売される債券はFDICが保証することになると いう。

FDICの整理・管財部門担当者ジム・ウィガンド氏によると、 FDICは破たんした銀行から接収した資産が約400億ドルあり、 今後もリセッション(景気後退)や不動産市場低迷の打撃を受けた 金融機関の破たんが重なり、規模が増加すると予想している。

ウィガンド氏はブルームバーグの電話インタビューに対し、「F DICは前回の危機の際に使用した対応策に立ち戻り、今回これを どのように適用すべきか検討している」と述べたが、コーラス銀や フランクリン銀の資産担保証券売却を含めて具体的な計画について のコメントは避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE