英中銀副総裁:インフレ率の上昇に安心はできない-景気回復見極めで

イングランド銀行(英中央銀行) のタッカー副総裁は、当局者らが景気回復の力強さを見極める状況 において、同中銀としてはインフレ率の上昇に安心できないとの認 識を示した。

タッカー副総裁は23日、ロンドンでの講演で「われわれは最近 のインフレ率の上昇について、主に石油の値上がり、付加価値税 (VAT)の17.5%への引き上げ、またポンド大幅下落の影響が遅 れて出てきたことによるものと考えている」とした上で、「しかし、 われわれはこれに安心はできないし、してもいない。これらが一時 的な影響要因だと信じなければならないわけだから、なおさらだ」 と語った。英国のインフレ率は1月、3.5%に加速した。

経済動向については、「成長が活力に欠けたものか、経済のス ラック(たるみ)を吸収し始めるだけ十分力強いものかを実感でき るようになるのは、少なくとも今年半ば以降になる見通しだ」と言 及。イングランド銀は「向こう数四半期、経済のスラックの展開や 物価圧力に関して難しい判断」に直面していると語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Svenja O’Donnell in London at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling +44-20-7673-2841 cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE