米国トヨタのレンツ社長:対応の遅れ認める-米議会公聴会で証言へ

トヨタ自動車の米子会社、米国ト ヨタ自動車販売のジム・レンツ社長は、同社の問題への対応が遅れ たことを認めた。

同社長は23日の下院エネルギー・商業委員会の公聴会に向け事 前に準備した証言の中で、「滅多に起こらないが深刻な安全性の問 題と正面から取り組むまでに時間が掛かり過ぎた」とした上で、 「社内および規制当局や顧客とのコミュニケーションの不備も事態 を悪化させた」と説明した。

トヨタはアクセルペダルが戻りにくいとの情報を迅速に分析し 対応することができなかったと認め、報告された問題について、よ り素早い情報収集と積極的な対応をするために米国での技術拠点の ネットワークを拡大していると述べた。

また、米議員らは22日の同社長あての書簡で、トヨタが電子系 統が意図せぬ加速の原因である可能性を一貫して否定してきたと指 摘していたが、レンツ社長は証言原稿で、「トヨタ車の電子燃料制 御システムには問題がないと自信を持っている」として、「このシ ステムについては徹底的にテストしており、意図せぬ加速を引き起 こすような異常が見つかったことは一度もない」と言明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE