中国政府:ハッカー行為に中国が関与の主張は無責任

中国外務省の秦剛報道官は最近の一 連のハッカー行為に同国の大学機関が関与しているとの報道について 「まったく根拠がない」と述べた。

同報道官は北京での定例会見で、インターネット上のサイバー攻撃 の責任は中国政府にあるとの主張は無責任で、隠れた思惑に基づくもの であると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE